トップページ > 賃貸版DIY

賃貸版DIY

賃貸版DIY

DIYとは「Do It Yourself」の略語で、「自分でやる」という意味です。
賃貸住宅では、入居者様の好きなように内装をさわれないと思われがちです。 ですが、DIYでここまで雰囲気を変えることができます。


わたしらしい暮らしってなんだろう?
ここに棚があったら…
色や素材を変えたい…
と頭の中で想像したことありませんか?
それを実際にやってみましょう。
持っている家具に色を塗ってみたり
市販のフックを壁に付けてみたり。
それも立派なDIY。


大切なのは「とりあえずやってみる」ということ。
少しでも触れると「意外とできる!」と思うはず。
失敗しても味があってより自分の家が愛おしくなるかも。
慣れてきたら、もっと大きい物にチャレンジするもよし。
次は何をしよう?
とワクワク考えるのもDIYの醍醐味です。


道具を揃えよう


  • 1台で4役! 「切る・穴開け・組立て・やすり」 ができる物を使いました。
  • 金づち・ボンド・カッター ・ドライバー・ノコギリ ・定規・メジャーなど 用途に合わせて使いこなそう。 100均やホームセンターで 全て手に入ります。
  • 広い面はローラー狭い面はハケを使い分けて。 塗りたくない部分を保護するマスキングテープも必須です。
  • 木材に色を浸透させるものです。 木目の美しい仕上がりに。
  • 木目を消してマットな仕上がりに。

西洋スタイルとは?

ホワイト×ブルーが基本の海を感じるスタイル。
アメリカ西海岸のカリフォルニアのようなゆったり時が流れて丁寧に暮らしたくなる部屋に。
海で拾った流木やデニム生地、フェイクグリーンを合わせるのがポイント。


1.貼って剥がせる壁紙にTRY!

既存の壁紙の上から貼って、退去時はキレイに剥がせる壁紙が今大人気。
簡単お手軽派さんは、100均のリメイクシートでもOK!


2.板壁にTRY!

ディアウォールの応用編。
ホームセンターで売っている杉野地板(2000×180×12mm 10枚入り ¥2,000)を打ち付けていくだけで、ログハウスのような壁が出来上がり!
カラ―ボックスを両端に置いて、パイン集成材(1820×300×18mm ¥2,480)を乗せると勉強机も簡単にできます。
リビングの一角にこんなスタディコーナーがあれば家族でパソコンや勉強、ちょっとした作業にとても重宝しそうです。

  • まずはディアウォールを設置してから杉野地板を貼ろう。
  • 思い出の写真を飾ったり、雑貨を並べたり。
    マイホームみたいに壁に穴を開けたい放題♪

3.洗面室のタオルに収納にTRY!


こだわりのインテリア

ダイニングセットとリビングソファが一体となったスタイル。適度な座り心地で、ごはんも食べやすく寛ぎやすい、便利でオシャレな家具です。パーティでは大人数座ることができ、普段は家族の距離感が近くてコミュニケーションもとりやすいのが◎。また、部屋が広く使えるので、リビングにスタディコーナーを作ったり、キッズスペースもできます。

西海岸スタイルにかかせないデニム生地は、まずはカーテンやクッションカバーにさりげなく取り入れるのがいいかも。
子ども部屋はヒッコリー柄でかっこかわいく♪

ベランダ+グランピングは今大注目のスタイル!
ガーデンタイルを敷くだけでテラスに早変わり。
外なのにリビングのような居心地で、休日のごはんタイムをアウトドアな気分で過ごそう。


オーナー様には修繕の心配も無く、入居者様に新たな住まいを提供できます。
これにより、入居者様自身が作り上げるずっと住みたく大切な賃貸住宅となっていきます。
オーナー様と入居者様が、二人三脚で作り上げることが出来る様、DIY資料もご準備しています。

資料請求はこちらから