トップページ > ピックアップ > 「買う」相続税対策

「買う」相続税対策

「買う」相続税対策

資産のカタチを転換して、評価は下げる。収益を上げる。現金や株券は大きな相続税負担を生みますが不動産へ転換して有効に活用すれば、節税はもちろん新たな収益資産を手に入れることができます。

不動産資産は、効果的な節税対策となってくれます。所有地を活用する一般的な相続税対策。賃貸住宅ならではの特例により、評価額を大幅ダウン、1億円の課税評価額を、2分の1の5,000万円にダウン。 では、相続税対策に使う土地がない場合は?利用できる土地がない場合も、あきらめる必要はありません。現金や株式、証券などの金融資産を不動産に転換することで同様の効果が得られます。 所有地に頼らず確実に節税。しかも収益資産をつくる。土地がなくてもできる「買う」相続税対策。税負担の大きい金融資産を、優良な不労所得源に変える そのままにしておくと重い税負担になる金融資産を節税効果が高く、月々の収入を生む資産に組み換え。 リスクヘッジされた高収益賃貸「メゾネットタイプ」をお勧めします。
  • セミナーのお申込み